ラナンキュラス


カルシウムとマグネシウムについての豆知識です。人体の中で不思議な働きをしてくれています。
バランスよく摂取できたらいちばんいいですね。

カルシウムとマグネシウム

水の硬度を決めるのは、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルです。

今回は、人の体の中でカルシウムやミネラルがどんな働きをしているのか、少し詳しくご紹介したいと思います。
カルシウムは骨を丈夫にする、と言われているので何となくどんな働きをしてくれているか想像できると思います。
飲食物から摂取されたカルシウムの99%は骨や歯の成分になると言われ、血液の中にも一定の量で存在しています。
細胞が働く時にもカルシウムが必要とされ、筋肉や心臓の筋肉、神経細胞などが活動する時に使われています。

血液の中のカルシウム濃度を調節するのは、副甲状腺ホルモンです。
副甲状腺は、甲状腺の後ろ側についていて、上皮小体と記載されることもあります。

人の骨と言うものは微細なレベルで観察してみると物質のやり取りが行える存在です。
副甲状腺ホルモンが放出されると、骨のカルシウムをカルシウムイオンとして血液の中へ遊離させます。
他にも副甲状腺ホルモンは腎臓に働きかけて、カルシウムを尿に出さないようにしています。
副甲状腺ホルモンが大量に分泌されると、血液の中にカルシウムが多く存在してしまうこうカルシウム血症、骨からカルシウムが不足してしまう事で起きる骨折、腎臓関連では腎臓の機能自体や尿管結石が出来てしまうことがあります。

マグネシウムがどんな働きをしているのかと言うと、カルシウムと一緒に働いて骨の形成に関与しています。
歯や骨にも含まれていますが脳の働きや神経伝達、筋肉の収縮などに関与しています。
マグネシウムが不足すると、カルシウムの働きと同じで骨の形成に影響を及ぼしたり、高血圧や不整脈、筋肉の痙攣を起こしたりします。
腎臓に疾患がある場合にはマグネシウムを排出することが出来ず、血液の中のマグネシウム濃度が上昇してしまうこともあります。

このように、カルシウムやマグネシウムなどは私たちの体にとって大切なミネラルですが、過剰に摂るのは良くないことも指摘されています。
厚労省のホームページによると、カルシウムは不足気味であることが多いので生活習慣病を予防するためにも目標量が設定され、反対にマグネシウムは特定のものから摂取することによって腎障害や便秘などを生じさせてしまうため上限量が記されています。
年齢や性別によって推奨される値は異なりますので、気になる方は一度確認を行ってみてください。

※参照ページ 「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」平成26年発表