ボタン


ダイエットとミネラルウォーターについての豆知識です。

カロリーゼロならミネラルウォーターを

ダイエットや美容に関心がある方であれば、カロリー表示をきちんと見ながらお買い物をしていると思います。
最近はカロリーゼロの飲食物が店頭に沢山並んでいるので、ラベルを見ただけで反射的にカロリーゼロ食品に手が伸びてしまうことも少なくないでしょう。

カロリーゼロや糖質オフと書かれている商品でも、何らかの甘みを感じることは少なくありません。
何かしらの風味を感じるのであれ、製品内容に合成甘味料などが用いられていることがほとんどです。
人間は生きるために飲食物を必要としますが、食べると言う行為は気持ちを満たすものでもあるので、ダイエット中でもちょっとした甘みが欲しい時はカロリーゼロの飲食物で何とかしようと考えてしまうことも少なくありません。

カロリーゼロの飲食物に使われている合成甘味料は、腸で吸収されないと言うことでダイエット市場では欠かせない物になりつつありますが、今年合成甘味料に関して興味深い発表がなされました。
合成甘味料は腸内細菌叢に何らかの影響を及ぼしていると言う発表で、簡単に説明すると合成甘味料を摂取した場合、腸内細菌がより多くの糖分を取り込もうとし腸内細菌のバランスも崩してしまう、と言った発表がなされました。

腸内細菌叢の「叢そう」と言う字は、多くのものが群がっているくさむらのような状態をあらわす言葉で、菌とつくと悪さをするようなイメージが強いですが、細菌にも色々な種類があり善玉菌も悪玉菌もこれに含まれます。
合成甘味料の摂取で主に善玉菌が減ると報告されました。

このようにダイエットや美容に関心がある方であればカロリーゼロ飲料よりもミネラルウォーターから水分補給を行った方がいい、と言えます。
ミネラルウォーターがカロリーゼロなのは言うまでもありませんが、私たちの健康や美容のために必要な必須ミネラルが含まれているお水があります。

ナチュラルミネラルウォーターや硬度の高い水にはミネラルの含有率が高いので、店頭で説明表記を確認してみてください。
ただし、高度の高い水は乳幼児や腎臓に疾患がある方には不向きだとされていますので、この点にも配慮する必要もあるのでお医者さんの指示がある方はそれにしたがってください。

つらいダイエット期間は甘味が恋しくなる時もありますが、手作りのお菓子や果物などを少しずつ口にして、良質なミネラルウォーターで腸を元気にしてあげてください。