蘭の花

水とダイエットについての情報です。
私も若い時に究極のダイエットにチャレンジしました。断食です。2週間まったく食べものゼロで水だけで過ごしました。若かったこともあって水の大切さや働きなどについての知識不足でしたけど無謀にもチャレンジしていまいました。
今考えると、お薦めできないダイエットですね。

その後、中年になってからのダイエットではカロリー計算と運動という正攻法のダイエットで見事の成功しました。ダイエットにチャレンジする人は、ぜひ水の知識を頭に入れておいて欲しいものです。

水とダイエット

ダイエットを考えた時には、水分補給を忘れないことが大切です。
「水を飲んでも太る」と話される方も中にはいますが、たいていの場合何かしらの食べ物を口にしていることが多いです。
もし本格的なダイエットを行ってもむくみなどが解消されない場合には注意が必要です。
心臓や腎臓、甲状腺などに何かしらの原因があることもありますので、医療機関で相談を行う事が大切です。

特に大きな病気もなく少し体重がオーバーしている、生活習慣病が気になるなどと言う方は急激に体重を落とすダイエットだけは控えておいた方が安全です。
水や食べ物の摂取量を物理的に少なくすればその分だけ体重の数字は減少しますが、結果的に体の外も中も水分が枯渇した状態に陥ってしまいます。
急激に体重を落とすと皮膚のたるみを引き起こすきっかけとなり、腸が吸収不良を起こしてしまうこともあります。
皮膚のたるみはなかなか元に戻すが難しく、腸の吸収障害も一緒に起こってしまうと必要な栄養素を体の中に取り込むことが出来なくなってしまい、肌のターンオーバーにも影響を及ぼしてしまいます。

反対に水だけを大量に摂取して、空腹を満たそうとするダイエットなどがありますがこれも結果的には成功するダイエットとは言い難いでしょう。
人間の体は必要な栄養素を摂取することで脳や各臓器の働きをまかなうことが出来ます。
極端な話に聞こえるかもしれませんが、飲食物をほとんど摂らない極端なダイエットは脳や心臓に影響を及ぼします。

最近はダイエットの危険性を訴える記事が以前よりも紹介されるようになりましたが、本当に身も心も滅ぼします。
水だけのダイエットを行い、硬度の高いミネラルウォーターでは腎臓に過度な負担がかかってしまうので特に注意が必要です。

ダイエットを始める時の基本は、食事と運動だと思います。
この基本に良質な水をプラスしてあげると、ダイエットの成功と美肌が手に入れられることも少なくありません。
起き掛けに美味しい水を飲んで排せつを促し、日中の運動前・入浴前・睡眠前に水の摂取を忘れなければ代謝はよくなるでしょう。

運動・入浴・睡眠時には自分が思っている以上に体から水分が抜けています。
少しずつ体の中も外も潤うようなイメージで少しずつ口に含ませてあげるのが、上手な水の摂取方法です。